次回談話会のお知らせ

第909回談話会(2020年3月8日)(2020年1月9日掲載、2月21日プログラム掲載、2月21日に中止と決定しました

COV-19感染症への対応のため、中止となりました。こちらのお知らせをご覧下さい。

民俗学関係卒業論文発表会

日時:2020年3月8日(日)
会場:神奈川大学
プログラム(各発表20分・質疑応答5分):
〔A会場=205教室〕
13:30〜13:55 「儀礼に表象されるもの ―京都府相楽郡の居籠祭を事例として―」西尾栄之助(京都先端科学大学)
14:00〜14:25 「『物忌』のゆくえ ―伊豆諸島における来訪神伝承の消長―」辻涼香(関西学院大学)
14:30〜14:55 「神輿を担ぐ女たち」齋藤菜月(新潟大学)
15:05〜15:30 「真言とジェンダー ─新潟県佐渡市赤泊に暮らす女性の生活史からみる民俗宗教─」大川莉果(立教大学)
15:35〜16:00 「災害と娯楽 ―八甲田山雪中行軍遭難事件の大衆娯楽化について―」渡邊みずか(武蔵大学)
16:05〜16:30 「村落祭祀からみる外来神信仰 ―沖縄県南城市佐敷字津波古における土帝君信仰を事例として―」大城沙織(筑波大学)
16:35〜17:00 「群馬県における屋敷神祭祀とその変遷」笠原春菜(國學院大学)
17:05〜17:30 「茶農家における家業の継承 ―埼玉県入間市を事例に―」木村ひなの(成城大学)
〔B会場=206教室〕
13:30〜13:55 「秋田県北部における遺骨葬の成立」菅原悟(新潟大学)
14:30〜14:55 「『学び』の場としての仏教寺院 ―寺子屋活動の展開を事例に―」門脇郁(東北大学)
14:00〜14:25 「能登半島における骨蔵器」崔丁昕竹(金沢大学)
15:05〜15:30 「白山修験と川上御前 ―越前市五箇における『神仏分離』と歴史の解釈―」山内鳳将(関西学院大学)
15:35〜16:00 「地域社会における歌の役割 ―なぜ『島原の子守唄』は毎晩8時に流れているのか」松尾有起(追手門学院大学)
16:05〜16:30 「道鏡巨根伝説にみる性信仰」児玉寿美(武蔵大学)
16:35〜17:00 「師檀関係に見る武州御嶽山信仰 ―御師の兼業化に注目して―」小林直輝(筑波大学)
17:05〜17:30 「水族館における飼育生物の供養について ―新江ノ島水族館を事例として―」福田麻友子(成城大学)
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265
E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)

第910回談話会(2020年11月8日)(2020年1月9日掲載/10月17日修正)

民俗学関係修士論文発表会

日時:2020年11月8日(日) 13時30分〜17時15分
会場:Zoomによる遠隔発表
申込方法は後日当ページに掲載します。しばらくお待ちください
■プログラム
13 : 30〜14 : 10 沼賀健一郎(武蔵大学大学院人文科学研究科)
「赤城山日光山神戦伝説におけるムカデ退治譚の研究」
14 : 15〜14 : 55 森戸日咲子(筑波大学大学院人文社会科学研究科)
「都市祭礼における山車人形の現在とその変容の動態―秋田県角館の作り手の技法と社会性を中心に―」
15 : 00〜15 : 40 相良 悦子(山口大学大学院人文科学研究科)
「修験道と薬―求菩提修験道の事例を中心に―」
15 : 50〜16 : 30 間所 瑛史(筑波大学大学院人文社会科学研究科)
「旧領支配地域における神葬祭をめぐる歴史と現在―群馬県多野郡神流町を事例に―」
16 : 35〜17 : 15 岩瀬 春奈(國學院大學大学院文学研究科)
「民間宗教者「ネギ」の継承と役割―静岡県浜松市水窪町を中心に―」
*論文参加
篠原久仁子(立教大学大学院観光学研究科)
「伝統野菜と科学技術の「種(タネ/シュ)」をめぐる民俗学的研究―蓼科で野菜を育てる農家の暮らしから―」
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265
E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)

既に終了した談話会の開催記録はこちら