『日本民俗学』とは

日本民俗学』は、本学会の機関誌として、年4回(2月・5月・8月・11月)発行されています。近年の紙面構成は、論文・研究ノート・書評・書誌紹介・展示批評・映像批評・フォーラム・学会記事等で、特集も随時組まれています。また、3年ごとに編集される「研究動向号」は、その都度選ばれた複数の研究分野ごとの研究動向をまとめており、本学会の活動・展開を知るうえでも重要なものです。

『日本民俗学』

『日本民俗学』の前身は、本学会の前身である「民間伝承の会」(1935年設立)の機関誌『民間伝承』(1935〜1983年・通算324号)がそれにあたります。『民間伝承』は、戦中の一時期を除きほぼ月刊で発行され、1949年4月の本学会設立直前までに131号(13巻3号)を数え、設立後の132号(13巻4号)から1952年12月の175号(16巻12号)まで本学会の機関誌として発行されていました。1953年4月の旧『日本民俗学』(季刊)発刊に伴い、学会の機関誌は旧『日本民俗学』に移り、以後『民間伝承』は「六人社」発行の一般向け民俗学普及雑誌として継続することになります。

旧『日本民俗学』は1957年9月の18号(5巻2号)で終刊となり、1年弱の空白期を経て、『日本民俗学会報』が1958年7月からほぼ隔月で発行されます。この『日本民俗学会報』が67号(1970年1月)より誌名変更して、現在の『日本民俗学』となりました。

学会機関誌目次一覧(『民間伝承』・旧『日本民俗学』・『日本民俗学会報』および現行の『日本民俗学』)
学会機関誌目次検索データベース

最新号目次:第284号(2015年11月30日)

論文
戸邉優美「女性集団の公的側面 ―女講中の婚礼関与を中心として―」[1]
研究ノート
福西大輔「都市の拡大と雨乞い習俗の変容 ―熊本市西区池田町長迫の雨乞い習俗を中心に―」[26]
星洋和「農家が営む塩田とその近代化過程 ―宮城県・渡波塩田の新技術をめぐる動向から―」[52]
書評
谷阪智佳子 中村羊一郎著『番茶と庶民喫茶史』吉川弘文館(2015年3月)[74]
森本一彦 真野純子著『宮座祭祀儀礼論 ―座と頭役の歴史民俗学的研究―』岩田書院(2010年10月)[81]
市川秀之 真野純子著『近江三上の祭祀と社会 ―民俗の歴史像を描く―』岩田書院(2015年4月)[86]
書誌紹介
内田忠賢 高知市史編さん委員会民俗部会編『地方都市の暮らしとしあわせ ―高知市史 民俗編―』高知市(2014年3月)[93]
内田忠賢 吉田孝夫著『山と妖怪 ―ドイツ山岳伝説考―』八坂書房(2014年6月)[94]
内田忠賢 水辺の生活環境史(水上生活)研究班編『北九州市若松洞海湾における船上生活者の歴史的変容 ―オーラルヒストリーからのアプローチ―』神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター(2014年3月)[95]
上杉富之 ヨーゼフ・クライナー編『日本民族学の戦前と戦後―岡正雄と日本民族学の草分け』東京堂出版(2013年3月)[96]
福田アジオ 岡村民夫著『柳田国男のスイス―渡欧体験と一国民俗学』森話社(2013年1月)[97]
市川秀之 若狭町伝統文化保存協会編『若狭町の戸祝い・キツネガリ調査報告書』若桜町伝統文化保存協会(2015年3月)[98]
市川秀之 大津市教育委員会編『大津曳山祭総合調査報告書』大津市教育委員会(2015年3月)[99]
フォーラム
倉石忠彦「埋もれている民俗調査資料 ―文化庁・第二次民俗資料緊急調査資料―」[100]
小島瓔禮「相模民俗学会の私」(地域民俗学の歴史と現状(1))[103]
学会記事
理事会記録:第30期第5回(2015年7月11日)
理事会記録:第30期第6回(2015年9月13日)
談話会記録:第881回(2015年7月12日)
バックナンバー目次については学会機関誌目次一覧をご覧下さい。

編集担当理事

第30期(2014年10月〜2016年9月)編集担当理事
鈴木岩弓 市川秀之 内田忠賢 高橋典子 八木橋伸浩 安室知
投稿規程・執筆要領