各種企画展のお知らせ(2019年・会期初日順)

このページは、会員の皆さんから寄せられた、博物館・資料館等が開催する企画展・特別展のご案内です。デザイン上若干変更させていただく場合もございますが、原則として寄せられた情報をそのまま掲載しています。内容についてのお問い合わせは、それぞれの問い合わせ先に直接お願いいたします。またこのページに情報を掲載したいかたは、こちらをご覧下さい

「芝居大国! 岐阜」

岐阜県博物館・図書館連携企画展

開催期間:2019年1月12日(土)〜2019年03月10日(日)
開館時間:10:00〜18:00
休館日:月曜日、図書整理日(1/25・2/22) ※2/11開館・2/12休館
入場料:無料
開催会場:岐阜県図書館(博物館ではありません)
(JR「西岐阜」駅下車、徒歩20分またはバス、JR「岐阜」駅からバス)
展示内容:
岐阜県は全国有数の地芝居(地域民による歌舞伎・人形浄瑠璃の上演)伝承地として知られています。近年は中絶した歌舞伎の復興や、定期公演化、外国人向けのツアープログラム開発など積極的に活用が図られています。 本展では歌舞伎や浄瑠璃(娘義太夫・人形浄瑠璃)などの芸能資料で豊かな地芝居文化を振り返ります。
主催:岐阜県博物館
共催:岐阜県図書館
後援:岐阜県教育委員会
問い合わせ先:
岐阜県博物館
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1989
TEL: 0575-28-3111
URL: http://www.gifu-kenpaku.jp/kikakuten/shibaitaikoku/

「沖縄のハジチ、台湾原住民族のタトゥー 歴史と今」

開催期間:2019年10月5日(土)〜2019年11月4日(月)
開館時間:10:00〜18:00
休館日:毎週月曜日(ただし、10月14日(月)と11月4日(月)は開館。月曜日が祝日及び振替休日又は慰霊の日の場合は開館し、その翌平日が休館)
入館料:無料
開催会場:沖縄県立博物館・美術館 特別展示室2
(沖縄都市モノレール「おもろまち」駅下車、徒歩10分)
展示内容:
今回の展示では、世界的にみても大規模で貴重な記録となった90年代の沖縄女性のハジチ調査の全容を紹介します。写真では高齢者の文化という印象が強くなりますが、本展では若い女性に入っていたら、という設定で彫師Mayさん(chunkymaymay inks)が、1931年に小原一夫が記録した各島の文様をシリコン製の腕に再現します(腕はWizard T.S 提供)。沖永良部島での小原の採譜をもとに、現在は聞くことのできないハジチ歌の復元も試みます。会期中には藤田嗣治が1938年に来沖してハジチ女性を描いた作品「孫」が美術館側で公開されるのも見どころのひとつです。
主催:株式会社Nansei
問い合わせ先:
URL: https://webnansei098.wixsite.com/hajichi-exhibition