次回談話会のお知らせ

第920回談話会(2022年7月24日・対面およびZoomによるハイブリッド開催)(2022年6月26日掲載)

第74回年会プレシンポジウム

 「半島のアート、民俗のはて ―奥能登国際芸術祭と民俗文化研究の節合の試み―」

日時:2022年7月24日(日) 13:00〜16:30
開催方法:対面形式およびZoom形式の併用開催(ハイブリッド方式)
対面形式の会場:国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市城内町117)講堂(先着70名)
Zoom形式の会議室情報:参加申込者に後日メールにて連絡
★「対面形式」「Zoom形式」いずれの場合も、同一の申込フォームから参加申込を行なってください(申込締切=7月17日(日) 23:59)
「対面形式」の申込数が定員に達した場合、申込フォーム内の「参加方法」の選択肢で「対面」が選べなくなります。
開催趣旨:
 各地の民俗文化が様々な形で終焉を迎えつつある。人が消え、家が消え、ムラが消えていく。コミュニティーが消滅すれば、そこで培われていた多くの民俗文化も終わりを迎える。本シンポジウムでは、終わりゆく地域社会の遺産としての生活用具や民具というモノたちを見つめなおし、新たな息吹を注ぎこむ試みとして、芸術祭という場を捉えなおす。以下では、2021年に開催された「奥能登国際芸術祭2020+」における「大蔵ざらえプロジェクト」を民俗文化とアートの新たな節合事例として紹介していく。現場への研究者の参与のあり方を問いなおし、アーティストと研究者との対話と協働の可能性を模索したいと考える。
 奥能登国際芸術祭は、2017年より、石川県の能登半島の突端に位置する珠洲市を舞台として3年に一度の開催を目指して計画された催しである。半島という地理的特性から、海とのつながり、海を介した他所とのつながりの深い地である。近年では、地域の生業形態や食文化が「能登の里山里海」(2011年)として世界農業遺産に認定された。また、能登半島に特徴的なキリコを中心とした祭礼が、「灯り舞う半島 能登〜熱狂のキリコ祭り〜」(2015)として日本遺産にも認定された。
 このような地域文化の再編成の只中で始まった芸術祭は、「アーティストの力を借りて珠洲に眠るポテンシャルを掘り起こし、地域の活性化、地域の魅力を高め、日本の最涯から最先端の文化を創造する試み」と位置づけられる。2回目となる2020年の芸術祭はコロナ禍のために一年間延期され、2021年10月から実施されることになった。
 この時の出展作品の目玉が、「大蔵ざらえプロジェクト」によって収集された地域の民具や生活用具などの「地域のお宝」をリソースとしたアート作品群である。珠洲市の実行委員会が主体となり、サポーターたちとの協働作業によって、珠洲各地から寄贈の申し出のあった家々を訪れ、多様で大量のモノたちを収集した。これらのモノたちの多くは、市内の大谷地区にある旧西部小学校の体育館を全面改修したスズ・シアター・ミュージアムにおいて公開されることになった。ミュージアム内には、民具の紹介コーナーを含めた8つのエリアにアーティストの作品や民具の展示が行われている。
 シンポジウムではまず、スズ・シアター・ミュージアムのダイレクターを務めた南条嘉毅から展示会場全体のコンセプトと作品を構成するまでの過程について発表していただく。次に地域を代表するキリコ祭りをテーマとした作品、「待ち合わせの森」を制作した大川友希からは、地域から集められた古布によって構成された祭りについての記憶の所在について解説してもらう。また川村からは、展示会場の最初に設けた「民具」の展示の解説とその意図について紹介する。さらに川邊咲子からは、大蔵ざらえの収集過程での資料の整理の方針とサポーターとの連携過程の成果と課題を発表する。
 以上、アーティストと研究者の視点の交錯と対話によって生み出されたスズ・シアター・ミュージアムの試みを通して、民俗文化の活用・保存をめぐる新たな領域展開を目指したいと考える。
プログラム:
〔趣旨説明〕川村清志「地域文化の<保存>と<活用>、そして、再創造」
〔報告〕南条嘉毅「芸術祭における地域や場所とアーティストの関係性」
    大川友希「地域の記憶と時間を結び直す《待ち合わせの森》〜珠洲キリコ祭りより〜」
    川邊咲子「アーティストと市民との協働による民具の“緩やかな保存”の取り組みと展望」
〔司会〕高科真紀
〔コメント〕山下裕作
共催:国立歴史民俗博物館・人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「フィールドサイエンスの再統合と地域文化の創発」、「文化の主体的継承のための民俗誌の構築―マルチメディアの活用と協働作業を通じて」(科学研究基盤研究(B)18H00789)
問い合わせ先:
日本民俗学会事務局
TEL: 03-5815-2265
E-mail: folklore★post.nifty.jp(★は@に変えて下さい)
参加申込URL: https://forms.gle/15Y3hQfVwFFa9hhy9
※この下にGoogleフォームの画面が読み込まれない場合は、上のリンクからGoogleフォームに移動してください。

既に終了した談話会の開催記録はこちら